ブログの書き方や使ってるツールなど


f:id:umisi:20171115210337j:image


今日は自分なりのブログの書き方やツールの紹介です。
といっても大したことはしてないのですが笑

 

記事ネタを常に考える

これブログに書けないかなーと最近ずっと考えています。同じような毎日でも1つ、2つは何かしらネタが見つかるので、それを書いています。

記事ネタはGoogleキープに書く

ネタが思いついたら、すぐGoogleキープにメモします。はじめはEvernoteを使っていたのですが、アプリ起動に時間がかかり過ぎるので、イライラMAX。今は起動もサクサク、見やすく書きやすいGoogleキープを使っています。Google様々やで。

 

記事意識していることは3つです。

  • すぐに書く
  • そのとき書きたいことを書く
  • 自分の考えをプラス

 

すぐに書く

ブログの下書きってどんどんたまっていきませんか?

僕自身はてなアプリの下書きには『いつか時間がある時に丁寧に書こう』と思って寝かせている下書きが大量にありました。

時間をかけて、丁寧に丁寧に書き足していく漬け物スタイル。そして書かれることも足されることもなく、下書きだけがどんどん貯まっていきます。

節子それ、発酵ちゃう。腐敗や。

 

はっ∑(゚ロ゚;)

鉄は熱い内に打てとはまさにその通りで、今書かないと永遠に書かないんですよね。今は出来ればその日、長くても1週間をメドに記事を書き、ネタが溜めないようにしています。

 

スポンサーリンク
 

そのとき書きたいことを書く

僕ものすごい飽き性なんですよね。
そのときそのときで興味があることがコロコロ変わってしまいます。現に夏は筋トレやプロテインについての記事ばかりでしたが、今はもっぱら『お金』や『投資』についての記事ばかりです。

興味あることって楽しいじゃないですか?
楽しくないと続かないので、楽しさ8割しんどいの2割ぐらいの比率の記事を書いています。

自分の考えをプラスする

判を押したような月並みな記事より、偏見すごかったり、ガチガチの固定観念に縛られている記事の方が面白くないですか?

きちんと収益化を狙った記事ならともかく、ただの雑記や100%自己満足の記事ならもっとあくが強い記事が読みたいです。せっかく匿名なんだから。

もちろん炎上狙いの記事はダメです。ただ場合よってはあり。たとえば出産クラファンみたいに狙ってないけど結果的に炎上したみたいな記事。これはアウトだけどセーフです(感覚的で申しわけない)。絶対に関わりたくないけど、見てる分には面白いパターンですね。不謹慎ですいません。

Googlekeepで7~8割書いて、はてなアプリにコピペ

以上意識して見出しや大まかな記事内容をGoogleキープで書いています。
こんな風に。

 
f:id:umisi:20171115212450j:image

ほとんどGoogleキープで書いていますねが、理由は単純でスマホ入力の方が早いからです。ブラインドタッチ出来ない(:3_ヽ)_

大体かけたらはてなアプリにコピーアンドペースト。

暇な時にアイキャッチ画像をBOX(リンク)で探しつつ、はてなアプリでは

  • タグ編集
  • Googleアドセンス
  • インデント

をいじります。

GoogleアドセンスはInsert Text(Googleの拡張機能)でコピーしているコードを手動で貼り付けています。

アスペ特有の変なこだわりで、自分の納得いった位置出ないと納得いかないんです。もっと寛容になりたい(:3_ヽ)_

 

スポンサーリンク
 

スマホで確認。ツイートしてセルクマ

はてなアプリのプレビューでは確認しづらいので、1度投稿し、文章の微修正とインデントを調整します。たまに修正前にツイートして慌てて修正してます笑

ほぼほぼ、修正が終わるとツイート。

半日後、セルクマ&ツイート。

セルクマとはなんぞ?って方はたぐちさんの記事を読んでください。

セルクマに効果があるのか実験した結果 - 黒トイプードルのぶろぐ

これはじめてからこころなしかPVあがった気がする。

はてブを使ったことないよって方は、試しにこの記事をブックマークしてはいかがでしょうか? |´-`)チラッ

まとめ

簡単にまとめると

 

使っているツール

  • Googleキープ(メモアプリ)
  • Pixaboy(アイキャッチ画像)
  • テキスト(アドセンスコードコピペ)

書き方

  1. ネタは常に考える
  2. すぐに書く
  3. そのとき書きたいことを書く
  4. 自分の考えをプラス
  5. Googleキープに7~8割書く
  6. 書けたらはてなアプリにコピペ。
  7. アイキャッチ、見出し、インデントをイジる
  8. スマホで確認後ツイート。セルクマ。

 

って感じですね。僕の書き方もあくまで1例です。
Evernoteで書いたり、Markdown記法で書いたり記事の書き方は多種多様です。色々ためしてぜひ、自分にあった書き方を見つけてください。

スポンサーリンク