シウログ

整形依存症の備忘録。

韓国で両顎+輪郭整形を受けたので、術後の経過を書いていく

f:id:umisi:20180817160902j:image

 

タイトルの通り、韓国で両顎+輪郭整形をしてきました。10日分の術後の経過を記載していますので、両顎を受けられる方は参考にしてください。

  • 整形に興味がある
  • 両顎を検討している
  • 両顎後に受ける手術が知りたい方

両顎のDTは過酷と有名でしたが、男性の私でもつらいものでした。(特に術後直後、1日目)。これから、手術を検討されている方は覚悟してください。

 

両顎手術(ルフォー+SSRO)とは

両顎手術は、顎関節の異常で顎の位置や形・機能などが正常ではない場合に、上顎と下顎を正しい位置に移動させて顎の形や機能的な噛み合わせを改善させる手術です。しゃくれ顎・顔の非対称・面長・突き出し口など顎の問題を抱えている場合は、両顎手術が必要です。

id美容外科引用

 

ものすごいざっくりいうと、上アゴと下アゴを切り取って、顔の奥にピンで固定するって手術です。口元をひっこめてEラインを出す効果があります。また、上アゴを上に移動させることで、中顔面を短くすることができます。 https://twitter.com/99mina_jeju/status/961275879878832128

 この動画が分かりやすいです。

輪郭(Vライン)手術とは

輪郭(エラ、顎(オトガイ)、頬骨)を神経線にかからない程度に削る手術です。ただし、アゴなしの方は顎を前に出す手術を行います。(私はコレ)今回はエラを、オトガイ(顎)形成を行いました。頬骨は気になるほど突出していないのでパス。

韓国は技術が高い

整形大国の韓国は女性の4割が手術を受けています。

中国メディアの新華社はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、韓国の製薬会社が行った調査の結果として、韓国では女性の約6割が自分の容姿に不満を抱いており、4割を超える女性が美容整形の手術を受けたことがあると回答したことを紹介した。

サーチナ引用

症例を見る限り一部の病院を除いて、韓国の方が技術が高いです。また費用面でも韓国は安いです。日本で同じ手術を受けようと思ったら韓国の1.5倍、下手すれば倍以上かかります。
言葉の壁はありますが、ちゃんとした通訳さんに依頼出来たこともあり、私は韓国での手術を決めました。事前準備は大変ですが、やって良かったです。

手術費用+αの出費がかかる

手術費用の他にも内服薬、レントゲン代?手術費用以外にも飛行機代、レンタルwifi代、交通費、宿泊費など結構かかりました。

 

スポンサーリンク
 

術後の感想

手術直前

麻酔を吸って深呼吸するように指示される。深呼吸を繰り返すと、まぶたがだんだん重くなり目が開かなくなりました。天邪鬼なので、起きとったろっと思うも、そんなことが出来るわけもなく意識消失。起きた時には手術が終わっていました。

術後直後8/8

このときが一番つらかった。
初めての全身麻酔が想像以上に辛く。因みに術前に危惧していた尿道カテーテルはありませんでした。眠気を殺して起きていなきゃいけないこの時間が手術を受けた中で一番つらかったです。全身麻酔の全身を蝕む倦怠感、痰が詰まり呼吸しづらくて息苦しい。その痰を除去するために、鼻から痰を吸い出す機械を使うんですが、それがまた痛いしムズムズして気持ち悪い。とにかく辛かった。

1日目

目が覚めると全身麻酔の倦怠感は薄れ、スマホをいじれる程度には回復しました。トイレも点滴スタンドを持ちながらなんとか移動可能。ただ、しんどかったので一日中ベットの上で腰かけていました。

2日目

口の形が変わったせいか、水が満足に飲めないなくなりました。口の端から水が漏れてしまいタオル必須。ベットに腰かけすぎたせいか腰が痛い。

3日目11

点滴スタンドを外し、移動。腫れが早く引くように病院の廊下をひたすら往復していました。水はまだまだこぼれる。体力はほぼ回復。

4日目(退院)

体力はほぼ回復。退院後、キャリーバックを引きながら宿泊先まで20分近く歩いても全然平気でした。顔の腫れはまったく引かず、特に人中。

5日目(顔のテープをはがす)

アゴからエラにかけて貼られていたテープを剥がす。歩くのが腫れの引きに良いと聞いたので、5日目以降は毎日2時間近く歩いていました。腫れは引かず。

スポンサーリンク
 

6日目(初腫れケア)

病院で腫れケアを受ける。ケアのおかげか顔全体の腫れが少し引いた。

7日目(下の固定が外れる)

朝起きたら下の固定が外れていました。通訳さんに問い合わせたところ問題ないとのことなので、そのままに。この日も2時間近く散歩。

8日目

腫れケア。2時間近くの散歩。腫れの変化はほぼなし。

9日目(ゴムかけ外す&開口練習)

病院で腫れケア。この日にゴムかけを外しました。ゴムかけを外した直後は、口が開きっぱなしに、口を閉じるのもなかなか四苦八苦。腫れは人中がひどく、輪郭周りは術後と比べだいぶマシになりました。ゴムかけを外した直後から喋れるようになるも、とてつもなくしゃべりづらい。通訳さんいわく徐々に慣れていくとの事。この日から帰国可能です。

10日目(開口練習)

 ゴムかけ直後と比べ、だいぶ発音が良くなる。 次回渡韓は3週間後を予定。

 

 

まとめ

整形は沼(⌒,_ゝ⌒)

 

スポンサーリンク